カラー選び

カラー選び

ネイルアートをしたいけれど、どんなカラーを選べばいいか迷ってしまいます。ブランドにより同じ赤でもホントにさまざまです。

 

 

 

種類が多すぎて選べないときは、無難な色でまとめてみるのがいいでしょう。たとえば、自分の爪や肌にあった色を使うことで、自然に見えたりするので、その分失敗しても目立ちません。初心者のひとは、ベージュや薄いピンク系のカラーから入っていくのがいいでしょう。

 

 

 

デザインはハデにしたほうがいい場合もありますが、ネイルアートになれてからでもおそくはないでしょう。

 

 

 

たとえば、奇抜なカラーを使うと爪だけが浮いて見えたりします。へたに奇抜なデザインをするとぎゃく効果なので、スキルアップしてからハデめなネイルアートにチャレンジすることをおすすめします。

 

 

 

ネイルアートは、出来上がりをみて「難しそうだな〜」、と思うこともありますが、デザインしてみると、けっこう簡単な方法でステキに見えることもあります。

 

 

 

また、同じデザインでもカラーにより随分と違って見えるものです。少しずつ、経験を積むことで自分の好みにあったネイルアートができてくると思います。

カラー選び関連エントリー

ネイルはネイルアートから
ネイルはネイルアートから
ネイルアートの進化
ネイルアートの進化
ネイルアートの種類
ネイルアートの種類
ネイルサロンでバイオスカルプジェルについて聞いてみた
ネイルサロンでバイオスカルプジェルについて聞いてみた
バイオスカプルジェルとは?
バイオスカプルジェルとは?
バイオスカルプジェルとカルジェルの違い
バイオスカルプジェルとカルジェルの違い
ネイルの基本
ネイルの基本
グラデーションネイル
グラデーションネイル
ストーンアート
ストーンアート
マーブルネイル
マーブルネイル
別れさせ屋は相談から
別れさせ屋は相談から
ピーコックネイル
ピーコックネイル
ドットアート
ドットアート
ボーダーネイル
ボーダーネイル
利用者に求められるマナー
利用者に求められるマナー
スカルプチュアネイル
スカルプチュアネイル
ポリッシュグラデーション
ポリッシュグラデーション
ネイルアートの歴史
ネイルアートの歴史