ストーンアート

ストーンアート

ネイルアートでは、ストーンを使うことでグッと見栄えが違ってきます。ストーン使いはネイルアートでも基本の一つなので、ぜひその種類などについての知識を覚えておきましょう。

 

 

 

>スワロフスキー
スワロフスキー社が独自に開発、製造しているストーンのことです。そのためストーンのサイズは、この会社が決めた独自の規格で作られています。「SS4、SS5…」といった具合で表記されています。スワロフスキー社の製品は、ネイルアートの世界ではたいへん有名で、その品質や材質にも安定性があることで知られています。

 

 

 

>パールストーン
パールのかたちをしたストーンを用いることで、やわらかい女性らしさを現できます。パールストーンを使ったネイルアートといっても、本物の真珠を使用するわけではありません。アクリル素材にパールカラーを施したものが主流になっています。

 

 

 

>ガラスストーン
材質がガラスでできたストーンです。アクセサリーにもよく使われている素材で価格も比較的割安です。ガラスなのでかたちも自由自在につくれるためその種類も豊富にあります。

 

 

 

>ブリオン
ストーンといっても、ほんとに小さい粒状のタイプのものです。アクセント的に使用されるために、そのカラーもゴールドやメタリックなものが多いのが特徴です。

 

 

ストーンアート関連エントリー

ネイルはネイルアートから
ネイルはネイルアートから
ネイルアートの進化
ネイルアートの進化
ネイルアートの種類
ネイルアートの種類
ネイルサロンでバイオスカルプジェルについて聞いてみた
ネイルサロンでバイオスカルプジェルについて聞いてみた
バイオスカプルジェルとは?
バイオスカプルジェルとは?
バイオスカルプジェルとカルジェルの違い
バイオスカルプジェルとカルジェルの違い
ネイルの基本
ネイルの基本
グラデーションネイル
グラデーションネイル
マーブルネイル
マーブルネイル
別れさせ屋は相談から
別れさせ屋は相談から
ピーコックネイル
ピーコックネイル
ドットアート
ドットアート
ボーダーネイル
ボーダーネイル
カラー選び
カラー選び
利用者に求められるマナー
利用者に求められるマナー
スカルプチュアネイル
スカルプチュアネイル
ポリッシュグラデーション
ポリッシュグラデーション
ネイルアートの歴史
ネイルアートの歴史