ネイルアートの種類

ネイルアートの種類エントリー一覧

ネイルはネイルアートから
ネイルサロンやネイルに関することが、世間一般に一気に広まったのは、やはりネイルアートが先駆者になるのではないか?と思います。タレントさんなどが美しいネイルをしているのは皆さんテレビなどを通じて知っていましたが、そんな彼女たちの中に、ネイルアートを施しているタレントさんが出てきたのです。タレントさんやモデルさんがやっていることは、世の女性たちにとって自分たちもしてみたいこと!ですから、ネイルアートは一気に流行し、誰もが競い合うように個性的で美しいネイルアートをしていました。それから、自宅でネイルア...
ネイルアートの進化
ネイルアートも初期のころには、爪の上がキャンバス代わりになっていて、ハワイの夕焼けやヤシの木、プルメリアなどが美しく描かれた平面的なものでした。でも今は、ネイルアートというと、ラインストーン、チェーン、ピアス、花、星、猫や犬、クマ、キャラクターなどを取り入れたデコラティブなものに変化してきています。平面的なものからより立体感の強いものになっているんです。3Dネイルなどとも呼ばれています。通常、チップにこれらの3Dモチーフを作り、それを自分の爪にはる・・という形だったのですが、最近はジェルネイルと...
ネイルアートの種類
ネイルアートは、これまで様々なデザインが誕生しています。その中でも一般的になっているオーソドックスなネイルアートの方法をちょっとご紹介していこうと思います。まず、ラインストーンやジェルを利用したアート。光沢があるものやきらきら輝く石などを利用したラインストーンは、パーティーや結婚式などに利用すると非常に美しいです。シールアートは、ネイルの上にシールを貼りその上にトップコートを塗るということで完成しますから、初心者の方にもおすすめのネイルアートになります。エアブラシは上級者向け。グラデーションやぼ...
ネイルサロンでバイオスカルプジェルについて聞いてみた
さて・・バイオスカルプジェルを私もネイルサロンでしてきた経験があります。その時に、ネイリストの方々にいろいろと質問をしてきました。バイオスカルプジェルは、どの程度もつものなのか?と聞くと、基本的に、2週間から3週間、カラーも美しいということで、爪が伸びてくる2週間か3週間くらいになったら、メンテナンスを含めてネイルサロンにいってみた方がいいということでした。そこでネイリストにしっかりメンテナンスを行ってもらうことで、バイオスカルプジェルはさらに長持ちさせることができるということです。そして、一番...
バイオスカプルジェルとは?
最近はバイオスカルプジェルが人気になっています。ネイルサロンでも、かなり人気です。バイオスカルプジェルの最大の特徴は、塗ったカラーが2週間から3週間という長い間、塗りたてのような質感を保ちながら継続してくれるという点。さらに、専用リムーバーがあれば、落としたいときに落とせるという点が魅力的でしょう。ただ、できれば、ネイルサロンで落としてもらう方がいいと思います。やはりプロが慎重に爪を傷めないように行うのとでは、全く爪の負担が違うと思いますから。これまで利用してきた人工の爪とは違い、軽くネイルをし...
バイオスカルプジェルとカルジェルの違い
ジェルの中でも、カルジェルが有名ですが、バイオスカルプジェルやカルジェルの違いというと、どんな違いがあるのでしょうか。バイオスカルプジェルに関しては、ネイルサロンでもかなり人気があり、発色がよく透明感も素晴らしく、ネイルを好む方々に高い評価を受けています。さて、バイオスカルプジェルとカルジェルの違いですが、メンテナンスの面が大きく違います。バイオスカルプジェルの場合、どうしてもメンテナンスが必要になります。自宅でのメンテナンスも可能ですが、爪が伸びてきたときにネイルサロンに行き、メンテナンスを行...
ネイルの基本
インスピレーションは、大事です。とくにはじめての人との出会いのシーンでは、見た目も重視されるために、服装などの装いには注意をしたいものです。男性はけっこう女性の指先に目が惹かれます。女性が思っている以上に男性は女性の、身だしなみに目がいっているのです。指先一つにしても気を配るように日ごろから習慣づけが大事です。女性としての高感度をあげるためにもここでは、ネイルアートに絞ってご紹介してみます。まず、ネイルの基本はジミにしないことです。中途半場にデコレーションするのであれば、思いっきりクリアジェルだ...
グラデーションネイル
グラデーションネイルは、爪の半分位置から爪先へかけてラメなどを使用して濃淡をつけるテクニックです。そのため準備するアイテムは、カラーポリッシュとラメ入りポリッシュを用意します。あとベースコートとトップコートも、より美しく仕上げるために用意をしておきましょう。まずは、ベースコートでむらなくキレイにカラーポリッシュがのるように塗っておきます。次にカラーポリッシュを2度塗ります。そのあとラメ入りポリッシュを爪の半分位置から爪先へむけて、横向きに塗り上げていきます。爪先へ行くほどラメ入りポリッシュを重ね...
ストーンアート
ネイルアートでは、ストーンを使うことでグッと見栄えが違ってきます。ストーン使いはネイルアートでも基本の一つなので、ぜひその種類などについての知識を覚えておきましょう。>スワロフスキースワロフスキー社が独自に開発、製造しているストーンのことです。そのためストーンのサイズは、この会社が決めた独自の規格で作られています。「SS4、SS5…」といった具合で表記されています。スワロフスキー社の製品は、ネイルアートの世界ではたいへん有名で、その品質や材質にも安定性があることで知られています。>パールストーン...
マーブルネイル
マーブルネイルは、見ためが2種類のカラーが混ざったイメージを思い出してください。たとえば、マーブルビスケットやマーブルアイスなど複数のカラーが交わっているあのデザインです。基本的には、2種類のポリッシュで完成です。ベースコートを2度塗ったあとに、それが乾かないうちにホワイトポリッシュを、均等にランダムに爪へ落とします。そのあと、ネイルアート用に開発された細筆や爪楊枝を利用して線を引きます。そうすることでマーブル模様ができあがります。初心者のひとは、右から左、左から右へ線を引くといいでしょう。最後...
別れさせ屋は相談から
複雑であればあるほど、人に相談できなくなります。友人や家族にも相談できないとなると、心の中の不安や鬱憤などを晴らす場所もなく、精神的に辛い状況に追い込まれるようになってしまいます。少しでも誰かに話を聞いてもらいたい、そう思うはずです。「別れさせ屋」の依頼はまず相談から始まります。相談=カウンセリングは無料で行っている業者が多いので、気軽に問い合わせてみてはいかがでしょうか。逆にカウンセリング料が発生するような業者は注意したほうがいいかもしれません。違法なカウンセリング料を請求されたり、相談無料と...
ピーコックネイル
ピーコックネイルもマーブルネイルと同じように、細い筆を使って線を引くことでデザインをつくっていきます。ピーコックネイルは、ドラッグネイルとも呼ばれていて、パソコンのマウスをドラッグするように、筆をおいたまま移動させるのでこのような呼び方をされているようです。テクニックとしては簡単ですが、やり方でいかようにもアレンジできるので、慣れるとピーコックネイルがいっそう、楽しくなるでしょう。やり方ですが、ベースコートを塗ったうえにカラーネイルを2度塗りします。カラーポリッシュが乾かないうちに、たとえばアク...
ドットアート
ドットアートは、カラーネイルのうえにドット模様を施すことで完成します。ドットは丸いかたちのことを意味しています。簡単にいえば,水玉もように近いデザインだと思ってもいいでしょう。初心者の方は、失敗をさけるためにも2色のポリッシュを使うことではじめるのがおすすめです。シンプルな水玉もようですが、インパクトのあるネイルカラーを使うことで、とてもキュートにみえたりすることができます。ベースコートを塗ったあとに、カラーポリッシュで爪をぬります。コントラストを出すために,ここではホワイトポリッシュを使用しま...
ボーダーネイル
ボーダーネイルは、ことば通り爪にボーダーをひくテクニックをいいます。横にボーダーを引くだけなので、初心者でも比較的簡単にネイルアートを完成させることができます。シンプルだけどモダンなデザインにしあがります。やり方は、まずはベースコートを塗ったあとにベースカラーのポリッシュを2度塗ります。土台ができたところへボーダーを塗りこんでいきます。爪先へたとえば赤のラインを横へ5ミリ幅で線を引きます。つぎに赤のラインの下へピンク系のカラーポリッシュを5ミリ幅で横へ線をつくります。5ミリと書いていますが、変化...
カラー選び
ネイルアートをしたいけれど、どんなカラーを選べばいいか迷ってしまいます。ブランドにより同じ赤でもホントにさまざまです。種類が多すぎて選べないときは、無難な色でまとめてみるのがいいでしょう。たとえば、自分の爪や肌にあった色を使うことで、自然に見えたりするので、その分失敗しても目立ちません。初心者のひとは、ベージュや薄いピンク系のカラーから入っていくのがいいでしょう。デザインはハデにしたほうがいい場合もありますが、ネイルアートになれてからでもおそくはないでしょう。たとえば、奇抜なカラーを使うと爪だけ...
利用者に求められるマナー
ネイルサロンに行くと爪も非常にキレイになってテンションが上がる、とおっしゃる方は少なくありません。こうしたプロのサービスは本当に快適なものです。しかしそのネイルサロンを利用する私たちお客さんにも必要最低限の「マナー」が求められるのです。これはどういうことでしょうか。まずきっとネイルサロンに行くときにある程度爪を伸ばしていく方がいるとおもいます。しかしそんな時に爪が汚いとネイリストさんもかなり嫌な気持ちになるかもしれません。これは爪だけではなく手全体に言えることですね。しっかりと手を洗い、汚れを落...
スカルプチュアネイル
スカルプチュアとはアクリルキッドとアクリルパウダーを混ぜ合わせる事によって重合反応が起こり硬化し人工爪を作る事を言います。爪の先にフォームを取り付け人工爪を作るスカルプチュアという技術はクリリップネイルと呼ぶ事もあります。今では専用キットが手軽に購入出来ますが、スカルプチュアは専門知識がないと出来ないので講習を受けるか一度ネイルサロンでしてもらった方が習得しやすいでしょう。スカルプチュアの特徴は爪の長さをお好みの長さに出来たり形にコンプレックスがある場合や、厚みを出したい場合、自爪が弱くもろいな...
ポリッシュグラデーション
ここでは、複雑そうにみえるポリッシュグラデーションを簡単にデザインできる方法をご紹介します。ツヤがあり手間ひまかけてみえるけれど、とっても簡単にできるのでみなさんも試してみてください。カラーは、当たりさわりのない薄いピンク系がいいでしょう。薄い色がベースにあるほうが、グラデーションがはえてみえるからです。またパステル調のカラーをつかうことで、とてもメルヘンチックなイメージをつくることもできます。ではつくり方ですが、ベースコートを塗ったあとに薄いピンク系のポリッシュを塗ります。透明感のあるポリッシ...
ネイルアートの歴史
今では日本でも非常に浸透してきたネイルサロンですが、そのネイルアートの歴史に関してはどれだけのことをご存知でしょうか。せっかくの機会ですのでここで一緒に考えてみましょう。実はネイルアートの歴史は古代のエジプトの時代まで遡ると言われています。今から五千年くらい前のミイラの爪に着色が行われていたのです。これは現代でもヘアカラーの分野で活躍しているヘナと呼ばれる植物性の塗料であることが分かっています。爪のオシャレというのは昔から人気があったという事ですね。ネイルアートが現在のような形に落ち着いてきたの...